原宿 神輿

建国記念日に原宿で神輿を発見した!

休日に原宿をぶらぶらしていたら、突然神輿を担いだ行列が現れました!道路片側全部通行止めになってる!!というか今2月ですけど!!?と思っていたら、これ、「建国記念の日 奉祝パレード」という恒例行事らしいです。

 

神輿

 

毎年2月11日の建国記念の日(あ、今日って建国記念日で休みだったんだ…と初めて気が付いたのですが)に、原宿表参道を中心に明治神宮へ向かって「奉祝パレード」が実施されるのだそう。

 

 

 

私が見た時には神輿が続いていたのですが、ブラスバントやカラーガード(旗を持って更新するやつですね)、幼稚園生による鼓笛隊とかもあるのだとか。約5,000人が参加するらしく、結構盛大なイベントでびっくりです。原宿って若者の街、みたいなイメージが強いですけど、明治神宮への参道なので、重要な場所なんでしょうね。

 

 

「建国記念の日」は政令として定められたものですが、元々は「紀元節」という祝日で、神武天皇が即位した、と日本書紀で伝えられている日だったそうです。第二次世界大戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部。社会で勉強しましたねぇ。)の意向で祝日ではなくなりましたが、紀元節を復活させようという動きが高まり、

 

 

建国を記念するための祝日を設けるために「建国記念の日」が出来たそうです。

 

 

間違えている人も多い気がするのですが、「建国記念日」ではなく「建国記念の日」です。史実に基づいた建国の日とは関係なく、建国されたという事実を記念する日なので、という理由で区別されているのだそうです。